肛門科診療について

当院の肛門手術の特徴

  1. 痔核・痔ろう・裂肛など、すべての肛門手術を日帰りで行います
      10:00頃来院→昼ごろ帰宅(火・金)
      15:00頃来院→17:30頃帰宅(月)
  2. ほとんど眠っているうちに手術は終わります
  3. 翌日から家事可能、翌々日から就労可能
  4. 通院は、翌日・1週間後・2週間後・1カ月後・2カ月後 (通常のケース)
  5. 院長は肛門手術の経験が豊富です(松田病院13年勤務)

いろいろな肛門の病気

 

◆正常な肛門

正常な肛門
歯状線より外側はとても敏感で、ほんの少しの傷で強い痛みを感じますが、歯状線より奥は直腸の粘膜で、痛みを感じません。
 内肛門括約筋は、意識をしていなくても便やガスが漏れないように肛門を自然に閉めるはたらきをしています。外肛門括約筋は、意識してギュッと肛門をしめるときにはたらきます。

◆内痔核(いぼ痔・脱肛)

出血性内痔核
 
内痔核は、もともと歯状線の奥にあるやわらかい組織や血管からできています。血流が豊富なので、ちょっと切れただけでも結構な量の出血がみられることがあります。このとき、痛みを伴わないのが特徴です。
 外に飛び出してこない場合(1度の内痔核)は、座薬や飲み薬でよくなりますが、繰り返す場合には手術(硬化療法)が有効です。
出血が長期間続くと、貧血がすすむことがあるので、要注意です。
3度内痔核

内痔核が外に飛び出すと、触ってもわかるようになります。この段階を脱肛といいます。ふつうは痛みを伴いません。
排便の度に脱出したり(3度の内痔核)、常に脱出するようになったら(4度の内痔核)、一般に手術を受けた方がよい状態です。手術で完治すると、すっきりして快適になります。(あさのクリニックでは、日帰りで手術を行っています。予約が必要です。)
ただし、脱肛で手術をうけるかどうかは、飽くまでもご本人が困っているかどうかで決めることになります*。診察を受けて「脱肛がありますね」と言われても、ご本人が特に困っていなければ、手術を受けなければならないという病気ではありません。
(*持続的な出血のために貧血になっている場合は、手術が必要です。)


◆血栓性外痔核

血栓性外痔核
 ある日突然肛門が痛くなり、触ってみるとしこりがあるという場合は、血栓性外痔核のことがほとんどです。歯状線の外にできるので、痛いのが特徴です。粘膜の下で毛細血管が切れて出血し、血の塊が溜まった状態です。トイレで長時間いきんだあとや、お酒を多く飲んだあと、海外旅行の飛行機など長時間座っていたあとなどにおこることが多いのですが、特別な原因が思い当たらないこともあります。
 米粒大のことから親指の頭くらいの大きさのことまであります。大きい場合、粘膜が切れて中から溜まっていた黒っぽい血液が流れ出てくることもあります。(自壊)
 小さい場合には座薬や内服薬などの治療で1週間くらいで痛みが治まり、2.3週間でしこりが消えます。大きい場合や自壊している場合には、簡単な処置で血栓を摘出します。(血栓除去術)
 血栓除去術は、局所麻酔で行い、5分程度で終わります。血栓除去を行うと、痛みは急速に楽になります。(あさのクリニックでは、通常の診察時に処置を行います。予約は不要です。)


裂肛(切れ痔)

慢性裂肛
 文字通り肛門が切れる状態です。硬くて太い便が出たあとにおこりますが、肛門が弱い方の場合は、それほど硬くない便のときにも起こります。歯状線の外側が切れるので、痛いのが特徴です。通常は出血を伴います。
 裂肛(切れ痔)を繰り返しているうちに、肛門の内側と外側に突起物が出てきます。また、肛門が狭くなり、ますます切れやすくなるという悪循環に陥ります。このような状態になったら、手術が必要です。手術では、狭くなった肛門を広げ、突起物を切除し、繰り返す切れ痔の部分を覆ってしまいます。(皮膚弁移動術・SSG・肛門形成術などと呼ばれる手術です)手術により完治すると、毎日快適に痛みや出血なく排便できるようになります。(あさのクリニックでは、日帰りで手術を行っています。予約が必要です。)


肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍
 肛門の周りがはれて熱を持ち、強い痛みを伴います。歯状線の近くのくぼみ(肛門小窩)から細菌感染がおこり、膿がたまった状態です。数日の経過で痛みがピークに達します。
抗生物質の飲み薬や座薬などは効果がなく、なるべく早く切開して膿を出す必要があります。(切開排膿術)切開排膿術を行うと、痛みは急速に楽になります。(あさのクリニックでは、日帰りで緊急手術を行います。局所麻酔または仙骨硬膜外麻酔で行います。予約は不要です。)
 切開したあとの傷は通常1~2週間で治ります。ただし、そのあと半分くらいの方が痔ろうになります。痔ろうになるかどうかは、2か月くらい経過をみなければわかりません。痔ろうになった場合は、根治手術が必要です。(痔ろうの解説へ)


痔ろう

痔瘻
肛門周囲膿瘍の膿を切開して出したあとに、通り道ができてしまい閉じなくなった状態です。肛門のすぐわきに、なんとなく硬い違和感を感じ、しばしばじくじくした状態となります。軽い炎症を起こしたり、膿がたまったりする場合があります。
 手術をしなければ治りません。肛門の後ろ側にできた場合は、切開術(LayOpen)、前や横側にできた場合は、ゴムを通してじわじわ治す方法(シートン法)を行います。(あさのクリニックでは、日帰りで手術を行っています。予約が必要です。)


その他

このほかにも、
・肛門皮垂
・嵌頓痔核
・肛門周囲皮膚炎
・肛門周囲単純ヘルペス
・直腸脱
・尖圭コンジローマ
など、いろいろな異常や病気があります。
お気軽に受診し、ご相談ください。

診察時間のご案内 

 
午前診察
8:30-12:00
休診 ◯ 
午後検査・手術
13:00-16:00
⚫️ ⚫️ ⚫️ 休診 ⚫️  
 午後診察
16:00-18:00
休診
(検査・手術の影響で午後診察開始が遅れる場合があります)
⚫️ : 大腸内視鏡検査・肛門手術
    (肛門手術は月・火・金)
▲ : 土曜日午後は不定期   
休診日 木曜日・日曜日・祝祭日
午前   8:30〜12:00
午後 16:00〜18:00